よくある質問(売る編)

売却実績

強化エリア


媒介契約には3種類あります。

不動産業者に売却の仲介を依頼をする場合は、必ず媒介契約を結びます。
媒介契約は宅地建物取引業法により定められており、
\貘粟貲で涓襍戚鵝↓∪貲で涓襍戚鵝↓0貳滅涓襍戚の3種類があり、 いずれかを依頼主(売主)様にご選択を頂くことができます。
契約の特徴
専属専任媒介契約 不動産会社1社のみに売却を依頼する契約です。媒介契約締結後、不動産会社は、依頼主(売主)様へ1週間に1度以上の売却活動の報告を義務付けらる。また、媒介契約締結後5日以内に東日本レインズへ登録を行う。
※依頼主(売主)様自身で買主となる取引相手を探すことは不可です。

・売却活動の報告が1週間に1度以上もらえる
・窓口が1社なので情報整理が容易
・不動産会社もより積極的な販売活動が行いやすい
専任媒介契約 不動産会社1社のみに売却を依頼する契約です。媒介契約締結後、不動産会社は、依頼主(売主)様へ2週間に1度以上の売却活動の報告を義務付けらる。また、媒介契約締結後7日以内に東日本レインズへ登録を行う。

・売却活動の報告が2週間に1度以上もらえる
・窓口が1社なので情報整理が容易
・不動産会社もより積極的な販売活動が行いやすい
一般媒介契約 不動産会社複数社に仲介を依頼することができる契約です。不動産会社から依頼主(売主)様に対する売却活動の報告義務はなく、依頼主も自分で買主を発見することができます。
専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
依頼会社数 1社のみ 1社のみ 複数社可能
買主の自己発見※(1) 不可 可能 可能
契約の有効期限 3ヶ月以内 3ヶ月以内 法令上の制限はない※但し、行政の指導は3ヶ月以内
東日本レインズ※(2)への登録 媒介契約締結の日から5日以内 媒介契約締結の日から7日以内 法令上の義務はない、任意での登録は可能
売却活動の報告頻度 1週間に1度以上 2週間に1度以上 法令上の義務はない

※(1)買主の自己発見とは、不動産会社を解さず依頼主(売主)様自身で買主を探すことです。
※(2)東日本レインズとは、「不動産流通機構」という不動産のデータベースのことです。 不動産会社には「東日本レインズ」への登録義務があり、登録をすると登録証明書が発行されます。
▲ページ上部へ